有限会社ストレイン店主のブログ

大阪は箕面でバイクや車のリビルド品を販売しているショップの日記です。ツーリングやバイク仲間、車仲間の交流がメインです。

ハーレーのスターター小話!

今日もスターターのちょっとした小話を!

ハーレーが採用しているソレノイドを使ったピニオンギアスライド式は、他のオートバイメーカーではほとんど使われていません。

他メーカーが採用していない大きな理由は、スターター自体の出力がハーレーほど必要とされていないことと、ソレノイドの消費電力に見合うバッテリー容量の確保がスペース、重量の問題で難しいからです。
逆に言うと、ハーレーはスターター自体も巨大でバッテリーも巨大ということになります。
ここでいうバッテリーの巨大とはあくまでオートバイとしてはということです。

スターターのことだけを考えると更に大きくてもいいくらいです。

スペース、重量をを考えると最適だとは思います。

って前回の記事にも書きましたが、充電器を使うなどのメンテナンスが必要になります。
ではここで疑問?

ハーレーも他のメーカーのスターターと同じタイプだとどうなのか?
まず、他メーカーに良くみられるスターターは自転車のペダルのようなギアが採用されていて、逆回転は完全に空転するようになってます。

このタイプだとソレノイドが要らないので、スターター自体を小さくできソレノイドの消費電力もないのでバッテリー負荷も減るのですが、エンジン始動の為の大トルク(出力)を伝えるのにはこの機構は不向きです。

ハーレーのエンジン始動にはそれだけ大きなトルクが必要なのです。

また逆回転は完全に空転ということで、エンジンが掛っている間ベアリングとしての性能も求められます。

もしハーレーにこの機構を採用すると耐久性の無いものになり、今よりもスターター周りのトラブルは増えるはずです。

ハーレーのスターターの純正出力は1.2Kwで、乗用車でいうと2000cc~3000ccクラスに相当する出力です。

リングギアは乗用車より小さいのでかなり頑張ってます!